FC2ブログ

記事一覧

第9話、犬のウ〇コ掃除係からいきなり犬ぞり操縦手というポジションまで登りつめた話

7月10日
約一週間のベトナム旅行から帰ってきたその日、講演会でゲストハウスのオーナーとして、人様の前でしゃべらさせていただくことになりました。

37009915_1865974740149843_8100071641788186624_n.jpg


一般財団法人sinkaという方々からのオファーでした。
今の時代の流れから言っても、地域復興のためにもゲストハウスによって生まれるコミュニティによる活性化というものは注目されているようです。


ゲストハウス文化の移り変わり
自分が知る限り、もともとは今の日本のゲストハウス文化っていうのは、旅人達が作り上げたものであって。
今でもまだまだマイナーではあるけれど、今以上にゲストハウスがなかった、存在すら世間で知られてなかったような時代に、放浪者のような人たちが沖縄に流れ着き、そのコミュニティたちで集まりだしたのが起源です。
その昔はゲストハウスに集う人たちってのは、ドロップアウトしたような、社会的地位でいえば一番下にいたような人たちばかりでユニークで面白い人たちが多かった。
(特に自分は沖縄に住んでたこともあり、休みのたびにはゲストハウス巡りをしたものです、その影響を色濃く受けたせいで結局ドロップアウトしてしまいました、そう思えば自衛隊時代に沖縄に飛ばされて本当によかった)

ものすごくマイナーな存在ではあったけれど、少しずつその面白さに気づく人たちは増えていき、やがて内地でも京都をはじめとした各地観光地でもゲストハウスは少しずつ増えていった。

単純に宿泊費を抑えれるばかりでなく、そこに集まるオーナーをはじめとしたユニークな人たちとの出会い、シェアする楽しさ。
(傾向としては低予算旅行者のほうが人間力やコミニケーション力があったりするものなので)

さらに2011年の東日本大震災を機に、人々の意識は変わった人もたくさんいるそうだ。
特に原発問題をキッカケに今まで思考停止していた人たちは政府やメディアのいうことをそのまま信じるんじゃなく、初めて自分たちのことは自分たちで考えるようになった人も

人生について真剣に考え出し。
フットワークの軽い人たちは東から西へ移住するような流れもできた。
同タイミングで地域おこし協力隊のような制度もできて。
そこらへんの時代からようやく日本でもFacebookは流行りだし、オープンな一部の人だけではあるけれど、情報シェアが流動的になり。
田舎移住も少しづつ増えていきハードルも下がっていく。

そうやって発生したゲストハウス開業ブーム
外国人旅行者達との国際交流としての場所としても価値を見出され。
そこから生まれるコミュニティによる地域活性化が生まれていき。

さらに民泊やインバウンドなど、事業展開としても注目され。

sinkaさんのような団体からも注目されているようです。
もともとは貧乏旅行者達が作り上げたような文化ではあるけれど、今回の講演会では、一緒にしゃべった人たちは行政書士やNPOやJICA関係の方々、そんなインテリ系の方々がゲストハウスについて語るような時代。


こんなに短期間だというのに時代は変わった・・・


はたして、そのような舞台に自分が立ってもいいのか・・・・と思っていました。

というのも

自分がゲストハウスオーナーとしてよく勘違いされがちなのが

『お茶という外国人に魅力的コンセプトを打ち出したゲストハウス』

『あえて不便なところを逆手にとって商売している、強気な経営』

『珍しいことをやってメディアの入りやすいところでやるという策士』

僕のことをあまり知らない方々からはこのように取られてる傾向があるようですが。

もともと僕は、ゲストハウスをやりたくて動いてたわけでもなく。
ゲストハウスなんか開業しなくても人が集う空間は作っていたわけだし、ぎりぎり楽しく生きていたし、そんなもの開業する必要もなかった。

ただ、
山奥では仕事もないし、何もできないし、
生活していく、もらった家をいい形で維持していくために仕方なく生産活動をする必要あり。
そしてたまたまゲストハウスのノウハウは知っていたこと、それに開業までにずっとたくさんの旅行者を無償で受け入れては、黒木町に来てくれる旅行者達と遊んでいた。
地域の人がそこを活用して活性化を望んでいたということ、何もできないけれど人が減っているところに人を連れてくることは僕ができる唯一の社会貢献だった。
商売なんて絶対やりたくなかった中で唯一やってもいいかなと思うことがこれっていうのもあった。


という、これらの事情があって、その地で生きていくために仕方なく開業するしかなかったのです。
なので僕の事例はきっと誰にも真似はできないし参考にはならないかなと思います。
ノリと流れでやってしまうことになったわけですが、結構、時間もお金も投資してるわけだし、これはやるしかありません、本気で遊ぶしかないのです。


そんな物語を魂込めてしゃべりました。
予想通り、超インテリな方々と同じ席で喋る非インテリな僕ではありましたが、実はそんな奴がその後一番質問攻めにあっていたりしたものです。



面白いものですね。


37064445_1865974426816541_3299366462010949632_n.jpg




それからそれから、ゲストハウス開業ブームはいいと思いますが、本当に商売として考えるのはなかなか簡単なことではなく、特に観光資源の乏しい、もともと観光客や人が来るような流れがないところで地域活性化としてやる場合。


僕の場合
・持ち家であって
・地域からたくさんの支援を受けて
・人脈が国内外に豊富で
・たくさんの応援があって
・ロケーションや隣人にも恵まれて
・ネット情報発信もちゃんと努力して
・メディアにも結構取り合げられて
・英語発信もできて(これができないと収益が半分になります)

これだけ好条件がそろっていたとしても、経営的に言えば、これでようやくやっていける程度、古民家の維持費はシャレにならないので、本当にそういうことを考えたらやっとかっとです。
とても贅沢なんてできません。(まあ環境のいい場所で、出会いに恵まれ、好きなことで食っていっているという生活自体が贅沢なんですが)

ブームと憧れでゲストハウスをやろうという方、この辺の現実を考えたほうがいいと思います、よっぽど好きであったり情熱や勢いがない限りはおススメできません。
なんでもそうですがちゃんとしたお金の計算ができないと・・長く継続することは難しいと思います。







我が家を開放して、人や旅人が集まる環境はゲストハウスを開業なんかしなくても外国人・旅人が泊まりに来る環境、人が集う環境は僕は作ってましたので、ただそれがやりたいことであればゲストハウスなんかやらなくてもいいんじゃないかと思います。
まあとはいえ、情熱や勢いがあるのであれば、一度やってみるといいと思います。
(結局どっちなんだw)



---------


さて話は、変わり、カナダワーホリの後半、イエローナイフのオーロラ観光会社で働いていた時の話です。

149185_1328987164266_7720255_n.jpg


2010年の11月に集った同期達と一緒に教育を受けていた。
町を一緒に観光したり、カナダのこと、イエローナイフのこと、オーロラのことを勉強したり。

73508_1328984324195_7324325_n.jpg
73158_1328984244193_6418820_n.jpg


本当に楽しい日々でした(シーズンが始まって忙しくなるまでは・・・)





ちなみに、スタッフもマネージャーも日本人、日本語のできる韓国人、カナダに居ながらにして言語は日本語。ワーホリの子たちなのでみんなそこまで英語はできなかったけれど、確か当時は一番自分が英語できなかったのは言うまでもなく。


そして、半月が経ち、日は短くなり、どんどん寒さが増していったころ、職種希望でポジションを振り分けられるときが来た。


ポジションはこんな感じ
・オーロラガイド
・カメラマン
・ギフトショップ
・クリーニングスタッフ
・オーロラ鑑賞施設管理整備

そして・・・

犬の世話がかり





え・・・犬の世話???



そんなポジションもあるんだ。


・・・・・・



犬好きで仕方ない自分にとってこれ以上の素晴らしいポジションはない


速やかにマネージャーにその希望を伝え、すぐに決まった。


あたえられたポジションは
犬の世話係、それから先住民達と一緒にオーロラ鑑賞施設の管理だった。
単純に言えば雪かきとかティーピーの掃除とかそんなもの。通称『キャンプの連中』


そこから楽しい日々は始まった。


毎朝、犬舎に行っては、

「キャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャンキャン」

とはしゃぐワンちゃんたち。
207080_1481978948965_2746776_n.jpg


(一番お気に入りだった間抜けなジャッカル君、このこは自分のしょんべんをポールにかけて、夜中のうちにポールと鎖が凍結してしまっていて、毎朝毎朝身動き取れなくなっていた。それをしょうがないな~、と言いながら砕いてあげるのが楽しい日々だった)



まずはウ〇コの掃除・・・100匹くらいいるのでこれだけで一時間以上かかる。
そしてポリバケツいっぱいになった凍ったウ〇コをスノーモービルに乗って林の中に投げ捨てに行く。

168779_1379140858077_5588947_n.jpg


そしてエサをあげる


これだけで午前中いっぱいかかる。


そして午後になったらお客さんが来るので、そのワンちゃんたちをつないで犬ぞり操縦手がお客さんを乗せて案内してくるのでそのハンドリングとストッパー役をやる。

156362_1344943883174_6786264_n.jpg


そしてたき火に火をつけて、お客さんと談笑し、作ったスープを犬たちにあげて一日終わり。


198088_1481978468953_8068591_n.jpg
リーダー犬マスクラと間抜けなジャッカル君。





極寒の地であり、常に外にいると、時には肌が凍傷してしまうこともあった。
今思い出せば結構過酷ではあったけど、楽しかった。

自分の世話してる犬が毎日毎日自分になついてくる、どんどん愛着がわいてきて、毎日犬たちに会いに行くのが楽しみで仕方なかった。
同僚の女子達には犬臭いと文句言われてたけどそんなのは気にしない。

167490_1379140778075_3849814_n.jpg


そんな楽しい日々が続いた半月後・・・・事件は起きた。



ある日、ドッグマッシャー(犬ぞり操縦手)がいなくなってしまった。




先住民マネージャーに話を聞いてみると。


なんと、酒飲んで、町で暴れて、檻の中に入ってしまったような・・・



今思えば、カナダでは別に珍しいことではなかったりする、なんというカルチャーショック・・・・



マネージャーがしばらく犬ぞり操縦手をやってたんだけど。
それじゃあ仕事が回らないのか、めんどくさいのか、(たぶん後者だ)

こういわれた
『Tom, お前を犬ぞり操縦手に育てるしかない、やるか?!』



え・・・・



マジっすか??




『もちろんです、やります!!』



その日からトレーニングは始まった。

最初はブレーキ踏むのでも、曲がるのでも力いっぱい使ってやっていた。
あまりのスピードに体がついていけなく、転んだりもした、だけど、手だけは離さず、ソリにしがみつく。
まるで漫画のような、スーパーマンのような感じでトレイルを引きずり回されながら犬たちに引っ張られる。

148376_1329001804632_202062_n.jpg
(トレイルはこんな感じ、北国は日が短いけれど、こんな感じで太陽がローアングルにあってこれはこれで良い)


軍人上がりたてほやほやだったために体だけは頑丈だったこともあり、当時は無駄に不撓不屈の精神まで持ち合わせていたので。そんなんではへこたれないけれど、さすがに1ラウンドだけでフラフラになってしまった。




だけど不思議なことに、体は慣れるもので一週間もすれば余裕でこなせるようになった。


そしていつの間にかお客さんを乗せてデビュー。
なんと、カナダワーホリで犬ぞり操縦手になってしまうという予想だにしなかった展開。

207614_1480662716060_3706478_n.jpg


本当に素晴らしかった
100匹の愛するワンちゃんたちの世話
お客さんが来たらそのワンちゃんたちと一緒にガイドする
そして操縦が終わったらお客さんたちが自分の可愛がってるワンちゃんたちと遊んでくれて
最後には『ありがとう、あなたも頑張ってね』と言われる


こんな楽しい仕事がこの世の中にあったのか・・・・知らなかった。






166186_1379146978230_517021_n (1)

そして、海外で初めての誕生日を迎え(25歳)・・・そのままそこで年越しを迎えた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

坂本治郎

Author:坂本治郎
1985年12月25日生まれ

高校卒業→自衛隊6年→海外放浪5年→日本の田舎に移住→ゲストハウス開業

このブログはゲストハウス開業ブログでもなければ田舎暮らしブログでもなければ旅ブログでもありません。

私の今までの経験からのありとあらゆるネタをマガジン感覚で発信していきたいと思います。

ちなみにゲストハウスはこちらです。
『天空の茶屋敷』 英名 Sky Tea House
https://www.skyteahouse.com/

詳しい自己紹介とブログ開設による挨拶はこちら
http://jirosakamoto.blog.fc2.com/blog-entry-1.html